フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

10月の失業率が5%に、前年同月を上回る

 2017年10月の失業者数が前年同月を上回るなど、フィリピンの労働市場はここにきて、やや失速している。フィリピンのマニラタイムズ電子版が 12日付で報じた。
フィリピン統計庁(PSA)はこのほど「労働力調査」を実施した。この調査の結果、フィリピンの完全失業率は10月に5%となり、前年同月の4.7%から若干上昇したことが分かったという。
PSAによると、フィリピンの完全失業者の数は10月時に218万人となり、2016年10月の204万人から増加している。

Translate »