フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

大麻200キロを押収、ラウニオン州

フィリピンの警察はこのほど、ラウニオン州サントール町とサンガブリエル町の境界付近で、乾燥大麻200キロ超を押収した。この大麻の末端価格は75万ペソに上るという。フィリピンのマニラタイムズ電子版が報じた。

地元警察を率いるアントニオ・マルザン氏は「警察は、麻薬関連の容疑者の男3人から大麻を押収した」と説明している。

男3人はベンゲット州キブンガンの山岳地域からのものだという袋に入った3つの箱を運んでいたという。

マルザン氏によると、現在、フィリピンでは覚せい剤の供給が限定的となっていることを受け、乾燥大麻の価格が、これまでの1キロ当たり2000ペソから1万ペソに値上がりしている。

Translate »