フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

マンダルヨン市で火災、1400世帯が家失う

マニラ首都圏マンダルヨン市で13日、大規模な火災が発生し、2人が死亡した。同時に、1400世帯が住居を失ったという。フィリピンのマニラタイムズ電子版が15日付で報じた。

火事があったのは、マンダルヨン市のバランガイ(最小行政単位)アディッションヒルズ。住民らが非正規に暮らしていた地域で家事が起きたという。

マンダルヨン市消防局のロベルト・セミラノ氏は「火災は13日の午後7時45分に発生し、火が消し止められたのは午前3時24分のことだった」と説明する。

またこれまでの捜査では、火元は民家に置かれていた石油ガスタンクだとみられている。
火災に遭った各世帯は現在、マンダルヨン市の小学校4校に避難している。

Translate »