フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

銃撃受け弁護士ら2人が死亡、和平交渉コンサルタントの従妹

イサベラ州サンパブロ町で20日午前4時半ごろ、キリスト教の教会でのミサに出席していた弁護士1人を含む2人が銃で撃たれ、死亡した。この弁護士は和平交渉コンサルタントの従妹だという。フィリピンのマニラタイムズ電子版が20日付で報じた。

銃撃されたのは弁護士のアーレン・カスタニェーダさん(38)と、メリト・ビナグさん(38)。2人は銃を持った2人組に襲われ、撃たれたとみられている。

カスタニェーダさんの従妹であるフェリックス・ランディ・マラヤオさんは、フィリピン政府などの和平交渉コンサルタントをしている。殺害されたビナグさんはマラヤオさんのボディガードを務めていたようだ。

Translate »