フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

地域1のエイズ患者数、パンガシナン州が最多

フィリピン保健省はこのほど、「地域1」の中でパンガシナン州が最もHIV/エイズの患者数が多いと発表した。フィリピンのマニラタイムズ電子版が18日付で報じた。

保健省のまとめを受け、パンガシナン州のアマド・ポギ・エスピノ知事は地元政府当局に対して、市民に対してHIV/エイズに関する啓もう教育を実施するよう指示を出した。

地域1では、1984年から2016年にかけて、HIV/エイズの患者数が累計696人に上った。このうちパンガシナン州の患者数は341人と最大で、これにラウニオン州が130人、イロコススール州が89人、イロコスノルテ州が50人で続いている。

Translate »