フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

大統領はがんではない、検査結果を発表

クリストファー・ローレンス大統領特別補佐官は10月8日、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領が検査を受け、がんが陰性であることが分かったしちょうと明らかにした。
同補佐官は「大統領は非常に健康で、意気揚々としている。がんではないことが明らかで、任期の2022年までやり遂げることになる。心配することは何もないことを保証する」と語った。
ドゥテルテ大統領は同日午後、がんではなかったことを説明。「私はがんではないから、近くに来るのを怖がらないでくれ」と述べた。また「(検査を受けたのは)再検査をしたかっただけだ。なんも深刻なことはない」としている。

Translate »