フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

大統領が「黄色」のジャケット探す、健在示す

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領はこのほど、香港を訪れ、黄色のジャケットを購入する姿を見せた。大統領に同行したクリストファー・ゴー大統領首席補佐官が10月8日、香港コーズウェイベイで過ごす大統領の写真をフェイスブックに投稿したもので、健康問題が伝えられた大統領の健在ぶりを示す狙いのようだ。
フィリピンでは5日、大統領が入院したとのうわさが流れた。その後、大統領は自ら医療機関の受診とバレット食道炎の悪化を明かした。若いころからの飲酒と喫煙が原因という。これを受け「大統領はがん」との流言が飛んだ。
一方、ゴー首席補佐官は8日のフェイスブック投稿で「フェイクニュースを発信する商売人が何か言っていたが、大統領にも休息が必要だ」と述べた。
大統領はコーズウェイベイでは黄色のジャケットを売る店を訪問。黄色は野党の自由党のイメージカラーで、大統領は黄色のものの使用を中止した経緯がある。黄色のジャケットを買う姿を見せることで、健在ぶりと野党へのけん制を示す意図だとみられる。

Translate »