フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

人的資本指数、比は地域平均下回る

世界銀行がこのほど発表した「人的資本指数」ランキングで、フィリピンの指数は東アジア・太平洋地域の平均を下回った。

人的資本指数は生まれたばかりの子どもが18歳になるまでに獲得できる人的資本がどのくらいになるのかを示すもの。今回は157カ国を対象に人的資本指数が算出された。これに対し、東アジア・太平洋地域の平均は61%で、フィリピンを上回っている。

世銀はフィリピンで生まれた子どもは55%しかポテンシャルを発揮できないとした。  1位はシンガポールで、これに韓国、日本、香港、フィンランドの順で続く。6位はアイルランド、7位はオーストラリア。また英国は15位、フランスは22位、米国は27位だった。

一方、ワーストグループはチャド、南スーダン、ニジェール、マリ、リベリア、ナイジェリアだった。

 

Translate »