フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

トライシクルの運転手の就労・健康状態改善へ、マドリガル基金が取り組み

マドリガル基金はこのほど、経済的に不利な立場に置かれがちなトライシクルの運転手を対象に、就労状況と医療へのアクセスの改善に向けたキャンペーン「Para Kay Manong Toda」を開始した。

トライシクルの運転手は週に7日休みなく働くケースが少なくない。多くが世帯の大黒柱だという。さらに健康保険に未加入であるほか、政府からの手当を受けていない。仕事柄、大気汚染など環境破壊の影響を受けることもある。

Para Kay Manong Todaではトライシクルの運転手を対象に、就労状況の改善と医療へのアクセスの改善を促すことで、運転手の世帯を支援するとともに、コミュニティに安全な輸送手段を提供することを後押しする。

Translate »