フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

南シナ海問題とテロが19年の課題=国防相

南シナ海(西フィリピン海)の領有権問題とテロは2019年の国防面での課題だ――。デルフィン・ロレンサナ国防相がこのほど、こうした見方を示した。

ロレンサナ国防相は「3年以内に南シナ海行動規範(COC)の策定に向けた協議を終えなければならない」と述べた。

同相はまた、「イスラム国(IS)に触発されたモウテ・グループが今も存在し、バンサモロ・イスラム自由戦士(BIFF)と共謀している。モウテ・グループの兵力は減退しているが、依然として門田だ」と説明する。また「ごくわずかな外国人のテロリストがフィリピンに裏口から入国しているとのモロ・イスラム解放戦線(MILF)からの報告がある」と述べた。

Translate »