フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

イタリア、紛争被害のマラウィ市民を支援

世界食糧計画(WFP)はこのほど、イタリア政府が紛争により移住を余儀なくされたマラウィ市の住民6500人の支援に向け、24万米ドル(約120万ペソ超)を拠出すると発表した。

24万米ドルは被災者の生計維持や食品購入のためなどに使われる。

マラウィ市はミンダナオ島南部ラナオデルスール州の首都。2017年5月に武装組織モウテ・グループによる武力紛争が起き、死傷者が出た。

WFPのフィリピン・カントリーディレクターのステファン・グルニング氏は「イタリア政府の支援は、今後3カ月にわたり住民に対して現金を支給する支援プログラムに貢献するものとなる」と説明する。

Translate »