フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

SSSの掛金率、4月から12%に引き上げへ

フィリピンの社会保障機関(SSS)は3月19日、掛金率の引き上げを4月に実施すると発表した。掛金率は4月からこれまでの標準報酬月額(MSC)の11%から12%に引き上げられる見込みだ。

掛金率の引き上げにより、例えば月収1万ペソの人の場合、掛け金はこれまでの363.3ペソから400ペソになり、使用者の負担額はこれまでの736.7ペソから800ペソになるという。

掛金率を引き上げたことで、SSSには2045年までに310億ペソ分の収入増が見込める。

(The Manila Times 2019年3月20日)

Translate »