フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

麻疹の感染拡大、これまでに338人が死亡

保健省が麻疹(はしか)の流行を宣言してから約2カ月経つが、麻疹の感染者数が依然として増加している。同省によると、1月1日から3月21日までの麻疹感染者数は2万3563人にのぼる上、麻疹による死者数は338人に達した。前年同期の感染者数5006人から大きく増えている。

麻疹に感染した2万3563人のうち78%は麻疹ワクチンを受けていなかった。

地域別で感染者数が最も多かったのは、カラバルソン(カビテ、ラグナ、バタンガス、リサール、ケソン)で感染者数は4838人、亡くなった人は98人。これにマニラ首都圏が感染者数4568人、亡くなった人87人で続いている。

一方、バターン州は感染者がこれまでに登録されていない。

(The Manila Times 2019年3月27日)

Translate »