フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

IT・BPO向けオフィススペースの不足を懸念=業界団体

フィリピンITビジネスプロセス協会(IBPAP)はこのほど、IT・BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)向けのオフィススペースの供給が将来的に需要を下回るとの見通しを示した。

IBPAPによると、フィリピンではIT・BPO向けオフィスの新規利用が年間約45万平方メートルずつ増えている。一方、マニラ首都圏にある利用可能なオフィススペースは約12万~15万平方メートルにとどまる。

こうした中、IBPAPはマニラ首都圏などの自治体と協議するなどして、オフィススペースの確保を図りたい考えだ。

(The Manila Times 2019年9月5日)

Translate »