フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

「ベンハム隆起はフィリピンのもの」 ドゥテルテ大統領

ドゥテルテ大統領は、ルソン島東部沖の「ベンハム隆起」周辺海域への外国船による立ち入りについて、単なる通過の場合を除いて当該海域は立ち入り禁止のままであると述べた。本声明は、元上院議員のエンリレ氏のアドバイスに従って発表したものとされる。

大統領は「ベンハム隆起は、我々フィリピンの資産だ。私は、通常航海の場合を除いて、いかなる侵入を許さないことを世界に伝えてきた」と述べ、同海域の領有権がフィリピンにのみ属するとの認識を改めて示した。

一方で、大統領はフィリピンが現在、中国と「最良の関係」にあると述べ、中国は放水砲でフィリピン漁民を追い払う代わりに、彼らがスカボロー礁で漁をすることを「許可」していると付け加えた。さらに「中国はフィリピン漁民に対して挑発的なことや懲罰的なことを決してしていない」と主張し、現政権が北京と築いた温かい関係を無駄にしないと述べた。

Translate »