フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

10月のコミュニティー隔離措置を発表

フィリピン政府は9月29日、新型コロナウイルス対策として10月のコミュニティー隔離措置を発表した。

ルソン地方のマニラ首都圏とバタンガス州、ビサヤ地方のバコロド市、イロイロ市、タクロバン市、ミンダナオ地方のラナオ・デル・スル州、イリガン市は比較的緩やかな隔離措置GCQ、その他の地域は最も緩やかな隔離措置MGCQが適用される。バコロド市とラナオ・デル・スル州では9月8日から30日まで、イロイロ市は9月25日から10月9日までの予定で比較的厳格な隔離措置のMECQが敷かれたが、いずれも10月からGCQに緩和された。

また、ミンダナオ地方の主要都市ジェトネラル・サントス市は、政府が9月中はMGCQを適用したにもかかわらず、感染拡大に危機感を強めた市政府が独自に9月13日から27日までGCQを敷いていた。地方自治体が独自で隔離措置を決める珍しい例となったが、10月以降はMGCQが適用された。

フィリピンの累計感染者数は9月26日に30万人を突破したが、回復者数も増えており、9月以降、現在まで感染者数は4~6万人の間を推移している。死亡者数は9月22日に5,000人を超えた。(JETRO石原 10月1日)

Translate »