フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

3月時点の政府債務残高、10兆ペソ超に

フィリピン財務省はこのほど、3月末時点での政府債務残高が前年同月比27%増の10兆7,740億ペソとなったことを明らかにした。前月比では3.5%増となった。

内訳は、国内からの借り入れが全体の72%、外国からの借り入れが28%であった。国内借り入れは、 前月比5.2%増の7兆7,745億ペソで、大部分が7兆2,040億ペソの国債での調達分であった。一方、外国からの借り入れは、前月比0.45%減の3兆ペソとなり、その内訳は国際機関からの借り入れ1兆3,680億ペソと、これまでに発行された外貨建て国債1兆6,600億ペソが含まれる。

リサール商業銀行のリカフォート氏は「 防疫措置基準が厳しくなると経済活動が鈍化し、政府の税収が減り、財政赤字が拡大し、政府の借り入れが増えて未払い債務が増える可能性がある」とコメントした。

Translate »