フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

比次期大統領選挙 候補者支持率調査でドゥテルテ大統領長女がトップに

フィリピンの民間調査会社パルス・アジアが行った来年5月9日に実施される同国の大統領選挙の候補者支持率調査で、ドゥテルテ大統領の長女でダバオ市長のサラ・ドゥテルテ氏(42)が前回の調査に続きトップに立った。調査は今年2月22日~3月3日、2400人を対象に実施。

サラ氏は、回答者の27%から支持を得た。2位は、故マルコス元大統領の長男フェルディナンド・マルコス元上院議員の13%、2016年の大統領選挙でドゥテルテ大統領と大統領の座を争ったグレース・ポー上院議員とマニラ市長のイスコ・モレノ氏が、支持率12%で両氏に続いた。

現在、サラ氏、ドゥテルテ大統領ともに、サラ氏の出馬を否定しているが、サラ氏の当選に向けた非公式の支援キャンペーンやソーシャルメディア上の活動が広がるなか、同氏の出馬の憶測が国内で流れている。なお、フィリピンの憲法の下、ドゥテルテ大統領の再選は認められていない。

Translate »