フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

原子力産業の推進には、単一の管轄省庁が不可欠

フィリピン原子力研究所(PNRI)の所長箱のほど、フィリピンが国際的基準に沿った原子力産業を推進するには、管轄機関を一つにするべきであると明らかにした。

PNRIは、原子力に関する国家政策の調査を実施する原子力プログラム委員会のメンバーであり、当該委員会は12月15日までに原子力産業についての報告書を大統領に提出する予定だという。

原子力産業の管轄省庁は現在、科学技術省傘下のPNRI と保健省傘下の食品医薬品局に二分されているという。PNRIの所長は、原子力事故のリスクを最小限に抑えるために、規制当局の独立が不可欠であると語っているという。下院の委員会で承認された包括的原子力規制法案は、単一の独立した規制当局を支持しているという。

Translate »