フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

フィリピンのドゥテルテ大統領 南シナ海の巡視活動停止を拒否

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、南シナ海の係争海域で巡視活動を行っている同国海軍および沿岸警備隊の船を引き揚げさせるつもりはないと表明すると共に、フィリピンが同海域の主権を有していることについては交渉の余地がないと強調した。

南シナ海を巡っては、中国がフィリピンの排他的経済水域(EEZ)に停泊している中国船団の撤退を拒否。フィリピンが海上警備を強化し、緊張が高まっている。

フィリピン国内では(中国に対し)より強硬な路線を取るべきだとする圧力が増す一方、ドゥテルテ大統領は経済大国・中国とのつながりを深めたいとの思惑から、この問題で中国と対峙するのは避けたい考え。

ドゥテルテ大統領は「フィリピンは多くの面で良き友人、中国から恩恵を受けているが、(係争海域)の主権に関しては交渉の余地がない」とした上で「戦争は望んでいない。だが、中国が我々に撤退を望むなら、答えはノーだ」と話した。

Translate »