フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

比大統領、バイデン次期大統領に祝辞、経済界も関係強化に期待

ロケ大統領府報道官は、米国大統領選挙の結果を受けて「フィリピン国民を代表し、ドゥテルテ大統領はジョセフ・バイデン前副大統領の次期大統領就任を温かく歓迎する」との声明を発表した。さらに「フィリピンと米国の長年にわたる二国関係を、今後もバイデン政権の下で継続することにコミットしていく」と語った。

バイデン政権のフィリピンへの影響について、経済界や専門家は概ねポジティブと見ている。米国商工会議所のフォーブス氏は「気候変動や新型コロナに対する前向きな取り組みはフィリピンにとって利益となる。南シナ海 をめぐるフィリピンの主権を支援し、開発援助も安定する」との見解を示した。政治アナリストのヘイダリアン氏は、米国は対中国を見越して、フィリピンでのインフラ投資を進めるであろうと予測。貿易・投資拡大も見込まれるものの、米国の懸念をドゥテルテ大統領がクリアにするか次第だという。ドゥテルテ大統領は2022年の次期大統領への布石として、米国との関係を修復し活性化させる努力をするだろうと見ている。

Translate »