フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

全国の公立学校、マラウィ市から避難した子どもたち受け入れ

フィリピン教育省はこのほど、全国の公立学校が、国軍と武装勢力の衝突により非難を余儀なくされているラナオデルスール州マラウィ市の子どもたちの受け入れを開始したと発表した。フィリピンのマニラタイムズ電子版が7日付で報じた。 教育省によると、6月6日の午後6時の時点で、マラウィ市から避難をした子どもたち2428人が国内の8つの地域の学校に受け入れられた。このうちマニラ首都圏の公立学校に受け入れられた子どもの数は171人となっている。 一方、マラウィ市から非難を余儀なくされた就学年齢の子どもたちは約2万2000人、教師は2205人に上っているという。

Translate »