フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

リサイクルプログラムで生産されたイスを小学校に寄付、ケソン市

マニラ首都圏ケソン市のパソン・タモ小学校に、プラスチックバッグのリサイクルプログラムを通じて生産されたイス1500脚が寄付された。フィリピンのマニラタイムズ電子版が11月17日付で報じた。

寄付されたイスは、リサイクルプログラムにより集められたプラスチック材料から生産されたもの。スーパーマーケットの「ロビンソンズ」がイスを寄付したという。

ケソン市は2014年時点で、マニラ首都圏内でゴミ処理に最も多くの資金を振り向けた自治体となっていた。一方で、同市はゴミのリサイクルプログラムを実施して、市内のゴミ廃棄量を減らそうとしている。

ケソン市の環境・衛生関連サービス費用は2015年に7億6831万ペソとなり、2014年の10億1400万ペソから24.2%減少した。

Translate »