フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

SBMA、湾岸高速道開発に中国資金活用を計画

スービック湾首都圏庁(SBMA)は、総延長100キロの湾岸高速道路の建設に当たり、「フィリピン・中国協力フレームワーク」に基づく資金供与の実施に期待を寄せている。中国の資金を活用し、開発を進めたいという。フィリピンのマニラタイムズ電子版が報じた。

計画では、高架高速道路と高架鉄道を1000億ペソかけて建設することになっている。工期は2年の見通し。

完成すれば、スービック湾と2000万人の消費者をかかえるマニラとのネットワークが改善することになると期待されているという。

Translate »