フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

SMプライム、上半期は16%増益

 不動産大手SMプライム・ホールディングスはこのほど、2018年上半期(1~6月)の純利益が166億2000万ペソとなり、前年同期から16%増加したと発表した。
売上高は前年同期比15%増の497億7000万ペソ、営業利益は同16%増の233億6000万ペソとなった。売上高のうち、ショッピングモール事業の売上高は同12%増えて、287億1000万ペソで、売上高全体の58%を占めた。
SMプライムの保有するショッピングモールは計77店舗で、このうち中国の店舗は7店舗となっている。
また住宅事業のSMデベロップメント(SMDC)の売上高は170億5000万ペソとなり、前年同期から23%増えた。ホテル・コンベンションセンター事業の売上高は前年同期比10%増の41億1000万ペソになった。

Translate »