フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

フィリピンは都市の競争力確保が急務=世銀が指

都市人口が増える中で、フィリピンは都市の競争力を高める必要がある――。世界銀行は先に公表した報告書「フィリピン都市化レビュー」の中でこう指摘した。フィリピンのマニラタイムズ電子版が報じた。 報告書では、フィリピンは東アジア地域では最も都市化の早い国だと説明された。フィリピン人の約45%が都市部に住んでいると説明された。さらに都市化が進展し、フィリピンの都市人口は2050年までに現在の2倍以上の1億200万人に達する見込みだという。このために都市部での住宅、基本的サービス、交通、仕事の需要が高まるとみられている。 フィリピンの都市部は現在、国内総生産(GDP)の70%以上を生み出しており、このうち半分はマニラ首都圏が占める。

Translate »