フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

地方の電力協同組合、電力料金の未払いは大きなダメージ

配電事業者の電力協同組合(EC)はこのほど、 外出規制の間に生じた電力利用者の代金未払いが「電力供給チェーン全体に大きな影響を与える」と警告した。

政府は、外出規制の発令期間中、電力利用者の料金支払いの遅延を認めていたが、ECは「法で定められた支払い猶予期間もしくは分割払いの結果として生じるキャッシュフローの減少もしくはゼロのような状況以外は、資金的に持ちこたえることができない」と語った。これに対してエネルギー省クシ長官は、電気料金の支払いが可能な人に対し、できるだけ支払うよう呼びかけている。

ECはさらに、電力の監督機関であるエネルギー規制委員会(ERC)に対して、組合側からサプライヤー側への支払いが部分的なものであっても、期限内の支払いであればディスカウントが生じるインセンティブの活用を認めるよう求めている。

Translate »