フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

英独のワクチン供与を条件に両国での自国医療従事者の就労を許可

フィリピン政府は23日、英国、ドイツから新型コロナウイルスワクチンの無償供与を受けることを条件に、自国の医療従事者数千人に両国での就労を許可する方針を発表した。

フィリピン政府は、低賃金をはじめとする国内の劣悪な労働条件下での勤務が続き、海外就労禁止措置の解除を求めた看護師らの要望を受け、医療従事者の海外就労禁止措置を緩和したものの、出国を認める医療従事者の人数の上限を現在も年間5千人に制限している。

現在、国外で就労しているフィリピン人は、看護師を含め数百万人に及び、年間300億米ドル(400億Sドル)超に上る国外勤務の看護師からの送金は、フィリピンの主要な外貨収入源となっている。

Translate »