フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

フィリピン、女性経営幹部の割合48%でトップ

米大手会計事務所グラント・ソントンがこのほど発表した、女性経営幹部に関する最新調査によると、フィリピンは上級管理職に占める女性の割合が48%で、調査対象国30カ国でトップとなったことが明らかになった。次いで南アフリカ(43%)、ブラジル、インド、ベトナム(39%)、ドイツ、インドネシア(38%)が続いた。東南アジアでは、マレーシア(37%)、タイ(34%)、シンガポール(33%)となっている。

世界的にみても上級管理職の女性比率は31%となり、昨年より増加した。意思決定プロセスに必要な女性比率は30%と言われており、中国、アラブ首長国連邦、韓国、日本を除く調査対象国はこの基準を超えているという。

フィリピンの経営幹部の女性の数は増え続けており、女性の最高経営責任者の割合は16ポイント増の 38%、女性の最高執行責任者の割合は4ポイント増の27%となった。

Translate »