フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

2021年に集団免疫を獲得、保健省

フィリピン保健省のドゥケ長官はこのほど、年内には集団免疫を獲得できるという見通しを示した。大統領の政策は、全国民に対して予防接種を行うことだと語り、同時にワクチンの供給には限りがある点についても示唆した。

集団免疫の獲得は「ベストケース」では2月からワクチン接種を開始し、年内に国民のうち7千万人の接種の達成がなされる見通しという。コロナ対策タスクフォース責任者のガルベス氏は、全てはワクチンの調達次第であるとして、供給量が不足すれば、集団免疫の獲得が2022年第1四半期にずれ込む可能性を示した。年内には5千から7千万人のワクチン接種を目指すという。ワクチンの調達については、来月には5万回分のワクチンが到着する見込みであり、さらに3月には95万回分、4月には100万回分が到着する予定であるとしている。

Translate »