フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

官民連連携インフラの大型高速道路3案件、まずは市場調査

公共事業・高速道路省(DPWH)と PPPセンターはこのほど、官民連連携インフラの大型高速道路案件について、請負業者、金融機関、および潜在的な投資家に対してオンライン上で打診し、市場の関心レベルを見極める判断とすることを明らかにした。対象となるのは、太平洋東部海岸高速道路、 メトロセブ高速道路、ダバオーディゴス高速道路の3案件。 ビリヤール大臣は「これらの道路は、ルソン島だけでなく、ビサヤ諸島やミンダナオ島でも経済改善を促進するために不可欠である 」と述べた。

太平洋東部海岸高速道路は、総長約227キロで、ルソン島ケソン州に建設予定。メトロセブ高速道路は総長約74キロで、既存の南北高速道路とは別に、セブ島の中央の山々を横断しナガ市からダナオ市までをつなぐ高速道路となるという。ダバオーディゴス高速道路は総長60キロで、トリルとサンタクルスを横断し、既存のダバオーコタバト高速道路の代替道路となる見込みという。

Translate »