フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

タール火山や台風被害による損出額は1,130億ペソ相当

国家経済開発庁(NEDA)はこのほど、タール火山の噴火や台風などの自然災害による昨年の損出額は1,134億ペソに上ると発表した。

この試算には、新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐための移動規制などによる数十億の損失は含まれていないという。また、フィリピン統計局のデータによれば、2010年から2019年の間の災害による損出額は、累計で約4,630億ペソに及ぶという。

チュア長官代理は、国の社会経済計画機関として、災害リスク軽減プログラムへのより大きな投資を進めており、フィリピンは災害前の計画、特に災害の軽減と準備の取り組みを強化する必要があると述べた。さらに、適切な介入と予算配分の根拠を特定するための計画が必要であると強調した。

Translate »