フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

MPIF、コロナ被害のコミュニティを農業で支援

メトロ・パシフィック・インベストメンツ財団(MPIF)はこのほど、新型コロナウイルスの流行拡大とそれに伴う移動制限で打撃を受けたコミュニティを支援するため、新たなプログラム「バヤン・タニム」を導入したと明らかにした。

このプログラムでは、新型コロナウイルスの流行拡大で被害を受けた人々が野菜を安全に栽培するのを後押しする。同時に、種を供給する農業省の「プラント・プラント・プラント」キャンペーンなどを支援し、地域の人々の野菜作りを促していくという。

Translate »