フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

モバイルネットワークが最も向上したのはルソン地域、英調査会社

英国調査会社オープンシグナルは、フィリピンの モバイルネットワークにおける動画の質、 ダウンロード速度、 4Gの可用性等について2018年との比較調査を行い、その結果を発表した。各測定においては、各通信会社が提供する3Gと4Gの平均値としているという。動画体験に対する満足度は、フィリピン全土では19%増で、中でも北部・中央ルソン地域では28.6%増となった。

ダウンロード速度に対する満足度は マニラ首都圏で顕著に見られ、 28.9%増、平均ダウンロード速度は 13.4 Mbpsに改善した。一方、ミンダナオ及びビサヤ地域ではこの半分の速度にしか満たないという。

4Gの可用性、 つまりユーザーが4Gネットワークに接続するために費やす時間も、ルソン島全体 で80%以上増加し、首都圏では90%以上増加した。

Translate »