フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

マニラ首都圏および近隣州は5月も引き続きMECQに

フィリピン大統領府は4月28日、5月のコミュニティー隔離措置を発表した。マニラ首都圏および近隣州のブラカン州、リサール州、ラグナ州、カビテ州では、5月1日から5月14日にかけて、引き続き4段階中2番目に厳しいMECQ(修正を加えた、強化されたコミュニティー隔離措置)を運用することとなった。

フィリピンでは3月以降、新型コロナウイルスの感染拡大が続いており、特に、感染が多いマニラ首都圏では集中治療室(ICU)の利用率が約82%に達したことが報道されるなど、医療体制は逼迫している(政府通信社4月22日)。ドゥテルテ大統領は、感染拡大を抑制するために、マニラ首都圏および近隣州においてMECQを継続すると説明した(政府通信社4月28日)。なお、キリノ州やアブラ州、イサベラ州のサンティアゴ市も5月1日から5月31日にかけてMECQを運用する。

フィリピン政府は、2021年3月1日からワクチン接種を開始している。フィリピン政府は、接種対象として優先順位が最も高い医療関係者(A1)からワクチン投与を開始し、現在は高齢者(A2)や併存疾患を有する者(A3)へと接種対象を広げている。政府は、6月までに貧困層や、政府部門あるいは民間部門において最前線で業務従事する者などに接種対象を拡大する意向を示している。(JETRO吉田 4月30日)

Translate »