フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

フィリピン赤十字社 3,500ペソでワクチン接種へ

フィリピン赤十字社はこのほど、到着予定とされるアメリカの製薬会社モデルナのワクチンにつき、ワクチン単独での一般販売のためではないことを明らかにした。

ゴードン同社会長は、ワクチンを一般販売しないことを強調した上で、対象者は主に赤十字メンバーやドナーであり、投与2回分につき3,500ペソでワクチン接種が受けられると述べた。料金はワクチンの費用や管理費の回収に充当するという。ワクチンの費用は1回分あたり1,284ペソで、管理費には、注射器、手袋、個人用保護具、医師と看護師の食事と手当、および予防接種に関連するその他の基本的な費用が含まれる。 同社が独自調達した20万回分のモデルナワクチンのうち、約1,500回分が来月到着する予定である。

フィリピン政府が3月1日にワクチン接種を開始して以来、2回のワクチン接種完了者は約71万人で、224万人が1回目のワクチン投与を受けているという。

Translate »