フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

主要鉄道案件、年内に一部開通へ

トゥガデ運輸相はこのほど、計画中の主要鉄道プロジェクトについて、進捗状況を発表した。

フィリピン初の地下鉄プロジェクトとなるマニラ首都圏地下鉄については、年内に一部開通し、3駅の運用が可能となる見通し。 その他、マニラ首都圏の軽量軌道交通(LRT)1号線の南方延伸事業については、第四世代車両の第1弾が間もなく到着する予定で、一部開通が見込まれる。LRT2号線東延伸事業については、新設した2駅の運用を4月26日までに予定している。都市高速鉄道(MRT)3号線については、システムの大規模改修工事が7月までに完了し、MRT7号線は、12月までに一部開通し、来年までに全区間開通の予定だ。

また、主要鉄道4路線の共通駅については、工区Aが7月までに一部、12月までには完全に運用が可能になる見込みである。

Translate »