フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

首都圏での症例急増 DOHは基本的予防策徹底を奨励

保健省(DOH)はこのほど、新型コロナウィルスの症例急増について、変異株のみが原因ではなく、基本的な予防策の徹底がなされていないためと指摘した。

DOHは首都圏での1日あたりの症例が2千件に達する可能性があり、4月までに3千件に増加する可能性があると述べた。さらに「根本的な原因は、手洗いやマスクの着用を含む咳エチケットの不徹底であり、変異株の発生は単に症例の増加を悪化させただけにすぎない」として、「顎の下にフェイスマスクを着用し、フェイスシールドで顔ではなく頭を覆う」といった誤った感染予防策の訂正を国民に促した。

一方、ラクソン上院議員は症例急増について「憂慮すべき問題であり、既存の基本的な予防策の徹底とは別に、濃厚接触者の追跡システムが重要だ。これには地方自治体の役割が不可欠だ」と述べた。

Translate »