フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

シノバック、緊急使用で承認も医療従事者には推奨せず

フィリピンの食品医薬品局(FDA)はこのほど、シノバック・バイオテック社が開発した新型コロナウィルスワクチンに対して、緊急使用の許可を与えたものの、有効率の低さから医療従事者への使用は推奨しないことを明らかにした。

FDAのドミンゴ事務局長によれば、進行中のシノバック臨床試験データにおいてインドネシアでは65.3%、トルコでは91.2%の有効性を示したという。しかし、新型コロナウィルスに曝露した医療従事者への有効率は50.4%と低く、このことから医療従事者への使用は推奨しないことを決定したという。

シノバックは、今年1月に緊急使用の許可申請をしており、同様にファイザー社とアストラゼネカ社のワクチンも許可申請済みという。ドミンゴ事務局長は、緊急使用許可の付与は販売承認または製品登録証明書とは異なるとして、商業的な一般市場での販売は認められていない点を強調した。

Translate »