フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

マニラ首都圏のワクチン接種完了者、人口の4%にとどまる

マニラ首都圏開発庁のアバロス長官はこのほど、マニラ首都圏の新型コロナウィルスワクチン接種の進捗状況について、情報を公開した。

それによれば現在、人口1400万人のうち11.6%に相当する162万人の住民がワクチンの1回目の接種を受け、4.4%に相当する61万3千人が2回目の接種を完了したという。アバロス長官によれば、出勤して業務を行う必要のある民間企業の労働者、インフォーマルセクターの労働者あるいは個人事業主を含む優先接種グループA4の人々を対象としたワクチン接種も開始されたという。

同長官は「マニラ首都圏では、1日あたり約12万人にワクチンを接種することを目指している」と語り、優先接種グループA1からA3に該当する医療従事者、高齢者、合併症のある人たちへの接種をこれまで通り進める一方で、優先接種グループA4のワクチン接種も推進する方針を示した。

Translate »