フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

ワクチン接種に民間企業の協力必要

ドミンゲス財務相はこのほど、政府のワクチン接種プログラムの実施やワクチンの製造において民間部門の支援を受け入れる必要があると述べた。

同相は「民間部門は政府より効率的だ。政府と民間部門の連携は、目標と利益、つまり投資収益率が非常に明確に定義されたものであるべきだ」と述べた。さらに、企業がプログラムの主な目的よりも利益を優先し始めた場合には、政府が規制当局として機能する一方で、民間部門の持つ専門知識が、官民アプローチによるワクチンのより効率的な展開を確実にするだろうと述べた。財相はまた、ワクチン製造能力を高めるために、アジア開発銀行と東南アジア各国間のより強力な連携の必要性を訴えている。

フィリピンでは現状、民間企業が政府や製薬会社との三者協定を通じて独自のワクチンを輸入することが許可されている。

Translate »