フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

サンミゲルのコファンコ会長兼CEOが死去

フィリピンのコングロマリット(複合企業)サンミゲルを率いてきた大物実業家、エドゥアルド・コファンコ氏がこのほど、85歳で亡くなった。

サンミゲルは先に、「わが社の会長兼最高経営責任者(CEO)であったコファンコ氏が6月16日に、85歳で亡くなった。同氏は1998年からサンミゲルを率いてきた」と説明した。

コファンコ氏は長期独裁を敷いたマルコス政権時代も活躍し、1992年の大統領選挙に出馬し、ラモス大統領と大統領の座を争った。その後、コファンコ氏のいとこ、コラソン・アキノ氏が大統領となった。

Translate »