フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

なかなか訪れる機会がないからこそ面白い:夜のイントラムロス観光

 マニラ市内で観光と言えばいちばん有名なのはやっぱり「イントラムロス」。スペイン統治時代の歴史を今に残す多数の文化遺産があります。

 その中でも特に有名なのは世界遺産のサン・アングスティン教会、戦いの歴史が色濃いフォートサンチャゴ、スペイン統治時代の皇族の生活を見て取れるカサ・マニラ、そしてフィリピンの学生なら修学旅行で必ずと言っていいほど訪れているマニラ大聖堂など。いずれも東南アジアの雰囲気とは異なり、どこかヨーロッパの雰囲気を感じさせるような施設になっています。

 一般的にこれらの施設は、開放時間が日中であるため観光もお昼の時間帯を中心に組まれることがほとんどなのですが、実はイントラムロスは夜のライトアップも雰囲気があり見応えがあります。

 

Intramuros 夜の観光

 

 マニラ大聖堂のステンドグラスは夜になると複雑な色彩を外に放ち、イントラムロスの内側を一周している通りはオレンジ色の街頭で照らされます。この雰囲気もまた、東南アジアとは一線を画した雰囲気を持っています。観光地としての側面を持ちながら一般の住民も生活しているイントラムロスは、夜中でも人の行き来がある観光スポットです。

 夜のイントラムロスではレストランにも注目。有名ブッフェレストランのバーバラスでは、19:00ごろからディナータイムが始まります。ランチの時間にはないフィリピンの民族舞踊ショーが行われ、毎日満員に近い状態で盛り上がっています。

 また、高級スペイン料理レストランのイルストラードでは、コースメニューのディナーが提供されています。特別な日にぴったりなのは、イントラムロス内にあるベイリーフホテルイントラムロス屋上のルーフデッキレストラン。海側とマカティ側を360度見渡す事ができる絶景は、他のホテルにはない魅力です。宿泊していなくてもレストランだけの利用は可能ですが、必ず予約していきましょう。

 見どころの多いイントラムロスを夜に訪れてみるのも面白いですよ。

 

【注意点】

  • 夜も現地に在住している一般の方々がいらっしゃるので、夜が遅い場合には迷惑をかけないように行動しましょう。
  • 治安には十分注意してください。

 

Translate »