フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

外は暑くても冷えにご注意!
(Weekly Plecomm 239号掲載)

1年中温暖なフィリピンでは、「寒さ」や「冷え」とは無縁と思われていた方もいるかもしれませんが、実際冷えに悩まされている人は多くいます。フィリピンでは、オフィスやショッピングモールなど、また電車やバスなど公共交通機関の車内もエアコンの設定温度がかなり低く、長時間室内にいると寒く感じることもあると思います。

 

外気との温度差が大きいと、体温を調節する自律神経に負担がかかり、免疫力も低下してしまいます。冷えは万病のもとと言われているように、たかが冷え、体質だからと放っておくと、さまざまな不調を体にもたらします。冷えが続くと、全身の血の流れが悪くなるため、肩こりや頭痛を引き起こしたり、また、老廃物が排出されずに滞ることでむくみやすくなります。内臓の働きも悪くなるので、胃腸の機能が低下したり、女性は生理痛がひどくなり、生理不順の原因にもなります。まずは冷えていることに気付き、症状が出る前に適切な対策をしましょう。

 

体を温める最も簡単な方法は、冷たい食べ物、飲み物を避けて、温かい物を摂ることです。暑い気候だとつい氷の入った冷たい飲み物を飲みたくなりますが、なるべく常温か温かいものを選ぶようにしましょう。また、生姜や根菜類など体を温める作用がある食品を積極的に摂り、逆にトマトやきゅうり、レタスなどの生野菜や南国フルーツは体を冷やしてしまうため、控えるようにしましょう。

 

次に、筋肉の量が少ないと、熱を生み出すことができないため、定期的な運動が効果的です。男性より女性に冷え性が多いのは、筋肉量が少ないためなのです。ウォーキングやストレッチなど適度な運動を毎日取り入れて、習慣化することが大切です。オフィスや交通機関など、エアコン環境を避けることはなかなか難しいですが、上着を持ち歩いたり、休憩中にこまめに体を動かすようにするなど、毎日体を冷やさない心がけをしていきましょう。

 

Weekly Plecomm 239号掲載

Dr. May
イーストラモンマグサイサイ記念医療センター大学医学部卒業。
内科専門医、腫瘍内科のトレーニングを修了。
セントルークス医療センターで勤務したのち、現在はHibari Clinic BGC マニラにて診療中。

医療機関名 HIBARI CLINIC BGCマニラ
医療機関概要 マニラ日本人学校すぐそばにある日系クリニックです。日本人の方に便利なBGCのハイストリート(セレンドラの向かい)にあります。LINEで予約可。各種保険対応。日本語対応しております。
日本語対応。内科・小児科・皮膚科・婦人科・心療内科・外科など全診療科目に対応
開院日時 年中無休 9:00-13:00 / 14:00-18:00
住所 Unit 1201 High Street South Corporate Plaza Tower 1, 26th Street corner 9th Avenue, Bonifacio Global City
Facebook https://www.facebook.com/hibaribgc
電話番号/LINE LINE ID: @hibariclinicph
LINE QR
まずは以下のLINEをフォローいただき登録完了です。
ご予約は英語でも日本語でもLINEでメッセージいただけます。
Translate »