フィリピン・メトロマニラ、カラバルゾンの今を知る!衣食住のライフスタイル、ビジネス、最新ニュースならPLECOMM WEB

Add friend

良心的な価格だけれども味は格別 特別な会食を彩る京都料亭の技術

落ち着いた個室のお店といえば、萬月をイメージされる方も多いでしょう。シェフの石川さんは京都の料亭で修行をされた方で、材料の目利き、調理方法には徹底したこだわりがあります。調理スタッフにはグラム単位での調味料の指定や材料の保存方法の指導に注力しています。

 今回は夜のコースでよく提供される料理をいただきました。オクラの冷製スープは、素材のさっぱりとした旨みにカツオ出汁が重なりバランスの良い旨みを感じることができます。オクラのトロミが癖になる後引く美味しさです。刺身はマグロとしめアジ。マグロは仕込みから1日で使い切るという鮮度へのこだわりがあります。刺身の角が立っており鮮度の高さが良くわかります。また、アジは酢で締めるため余分な水分が抜け凝縮した旨みを味わえ、美しい飾り包丁により目でも楽しませてくれます。そして、メインのリブステーキは独自の仕入先から取り寄せている品質の高いアメリカ産牛肉をミディアムレアでいただきます。それだけで十分美味しいお肉にポン酢バターソースがかけられ、バターの柔らかさとポン酢のスッキリした酸味が肉の旨みを引き出してくれます。

 萬月のコースメニューは3日前からEメールにて予約可能。昼なら800ペソ~(7品)、夜なら1000ペソ~(7品)で予約ができるそうです。予約時に好みを伝えると、その時旬な材料でメニューを作ってくれるオーダーメイド。接待や宴会など大事な場に美味しい料理で花を添えるなら萬月を予約してみてはいかがでしょうか。

・ランチコース Php800~

・ディナーコース   Php1,000~

 AM11:30 – PM2:00 (L.O. PM1:30)  PM5:30 – PM11:00 (L.O. PM10:30)

日曜日 AM11:30 – PM3:00 (L.O. PM2:30) PM5:30 – PM10:00 (L.O. PM9:30)

    (クレジットカード可、税別、サービス料込)

img_1527

imgp6362

img_1489

Translate »