フィリピンニュース

Top news

飢餓を経験した世帯、第3四半期は減少
社会調査会社ソーシャル・ウェザー・ステーションズ(SWS)はこのほど、2019年第3四半期(7~9月)に飢餓を感じた人の割合が減少したと明らかにした。 SWSは今回、9月27日から30日にフィリピン全土の成人1800人を対象に調査を実施した。この結果、過去3か月間に少なくとも1度、飢餓を経験したと答えた世帯は全体の9.1%に当たる230万世帯となったことが分かった。これは6月の10%から改善した。 (The Manila Times 2019年10月24日)

経済News

LPガスのIsla LPG Corp.が料理対決イベントを開催
日系のLPガス供給会社であるIsla LPG Corp.が6日に料理対決イベントSOLANE KITCHEN HEROを開催した。多くの企業の協賛を得た同イベントには日系企業からAJINOMOTOの協賛もあった。 参加者資格は3年以上のプロのシェフ経験を持ち、SOLANEユーザーであるホテル、レストラン、フードコート施設などで働いているシェフ達だ。腕自慢のシェフ達はIslaが用意した「Solane」 LPGとガスコンロを使用して料理対決を行い、調理素材に関しては主催者側が準備し、与えられた素材の中でレシピを組み、料理対決を行った。優勝者には賞金と日本旅行(料理ツアー)が提供された。主催者側は「初めての全国規模でのイベントとなったが、SOLANEの

政治News

飢餓を経験した世帯、第3四半期は減少
社会調査会社ソーシャル・ウェザー・ステーションズ(SWS)はこのほど、2019年第3四半期(7~9月)に飢餓を感じた人の割合が減少したと明らかにした。 SWSは今回、9月27日から30日にフィリピン全土の成人1800人を対象に調査を実施した。この結果、過去3か月間に少なくとも1度、飢餓を経験したと答えた世帯は全体の9.1%に当たる230万世帯となったことが分かった。これは6月の10%から改善した。 (The Manila Times 2019年10月24日)

社会News

アボイティス・パワー、クリスマスまでに越の風力発電所買収を完了へ
アボイティス・パワーはこのほど、ベトナムの風力発電所の買収をクリスマスまでに完了させる見通しだと明らかにした。買収額は約4600万米ドルに上る。 同社は8月、シンガポール子会社のアボイティス・パワー・インターナショナルを通じて、アームストロング・サウスイースト・アジア・クリーン・エナジーからベトナムの風力発電所を保有するメコン・ウィンドを買収すると発表した。 メコン・ウィンドはシンガポールで設立された企業で、ベトナム中南部ニントゥアン省で出力39.4メガワット(MW)の風力発電所を運営するダムナイ・ウィンド・パワーの株式99.99%を保有する。 (The Manila Times 2019年10月21日)

芸能・スポーツNews

1~8月の投資額、前年同期から126%拡大
フィリピン投資委員会(BOI)が2019年1~8月に承認した投資案件の投資額は6090億4000万ペソとなり、前年同期から126.1%増加した。 BOIによると、国内企業の投資額は4045億ペソ、外資系企業の投資額は2045億ペソとなった。 国別ではシンガポール企業の投資額が首位で、1700億ペソを記録。これに、オランダが92億ペソ、タイが86億ペソ、日本が60億ペソ、米国が24億ペソで続いた。 1~8月に承認された投資案件が実現すれば、3万752人分の新規雇用が創出される見通しだ。 (The Manila Times 2019年9月12日)

飢餓を経験した世帯、第3四半期は減少

社会調査会社ソーシャル・ウェザー・ステーションズ(SWS)はこのほど、2019年第3四半期(7~9月)に飢餓を感じた人の割合が減少したと明らかにした。 SWSは今回、9月27日から30日にフィリピン全土の成人1800人を対象に調査を実施した。この結果、過去3か月間に少なくとも1度、飢餓を経験したと答えた世帯は全体の9.1%に当たる230万世帯となったことが分かった。これは6月の10%から改善した。 (The Manila Times 2019年10月24日)
post in フィリピンの政治/社会ニュース

アボイティス・パワー、クリスマスまでに越の風力発電所買収を完了へ

アボイティス・パワーはこのほど、ベトナムの風力発電所の買収をクリスマスまでに完了させる見通しだと明らかにした。買収額は約4600万米ドルに上る。 同社は8月、シンガポール子会社のアボイティス・パワー・インターナショナルを通じて、アームストロング・サウスイースト・アジア・クリーン・エナジーからベトナムの風力発電所を保有するメコン・ウィンドを買収すると発表した。 メコン・ウィンドはシンガポールで設立された企業で、ベトナム中南部ニントゥアン省で出力39.4メガワット(MW)の風力発電所を運営するダムナイ・ウィンド・パワーの株式99.99%を保有する。 (The Manila Times 2019年10月21日)
post in フィリピンの経済/企業ニュース

通信グローブ、無料インターネット提供でマカティ市と連携

通信大手グローブ・テレコムとマカティ市はこのほど、同市の運営する機関・施設での無料インターネットの整備で連携することで合意した。 今回の合意に基づき、グローブは今後、マカティ市の市役所や医療施設、大学などに高速インターネットを無料で使える設備を導入することになる。特にヘルスセンターについては市内の27カ所の施設に無料インターネットを整備する見通しだ。 グローブはこれまでに、マカティ市のIDカード導入に当たっても同市に協力した経緯がある。 (The Manila Times 2019年10月23日)
post in フィリピンの経済/企業ニュース

エアアジアがボラカイ路線を拡充、観光需要に対応

格安航空会社(LCC)エアアジア・フィリピンはこのほど、クラーク国際空港とボラカイ島とを結ぶ路線を増便したと明らかにした。ボラカイ島の観光需要の高まりに対応する。 エアアジア・フィリピンはクラーク―カリボ線、クラーク―カクティラン線をそれぞれ増便した。 同社のリカルド・イスラ最高経営責任者(CEO)は「ボラカイへの乗り入れ便の増便は、ホリデーシーズンを中心とするボラカイ路線の需要の高まりを受けたものだ」と語る。 エアアジア・フィリピンはまた、クラークとセブ、ダバオ、プエルトプリンセサ、タクロバン、イロイロ、カガヤンデオロを結ぶ路線を運航している。 (The Manila Times 2019年10月20日)
post in フィリピンの経済/企業ニュース

コメの競争力引き上げに向けた小規模農家への融資、累計9198万ペソに

農業省はこのほど、これまでに小規模農家を対象に、生産するコメの競争力引き上げに向け、9198万ペソの融資を提供したと明らかにした。 この融資は、総額25億ペソに上る「稲作農家のための拡大サバイバル・リカバリー支援プログラム」の一環だ。農業省・農業信用評議会とフィリピン土地銀行を通じて、このプログラムから稲作農家向けの融資が提供されている。 10月17日までに計1万3643世帯の農家がこの融資を受けた。 (The Manila Times 2019年10月24日)
post in フィリピンの金融ニュース

教師2人の殺人未遂事件、人権委が懸念表明

人権委員会はこのほど、先に労働組合員の教師2人がブキドノンで州殺害されそうになった事件について、懸念を示した。さらに、ミンダナオ島において、専門組織に対する脅迫やハラスメントについても懸念を表明している。 ブキドノン州のバレンシア市では10月15日、マスクを着けた男4人が、教職員の労働組合に加盟する教師2人を銃撃した。教師のうち1人は6発の銃弾を被弾し、重体になった。この教師は現在も入院している。もう一人の教師は銃弾を逃れたという。 (The Manila Times 2019年10月23日)
post in フィリピンの政治/社会ニュース

ADB、22年までに比に91億米ドル融資へ

アジア開発銀行(ADB)は2022年までの3年間で、フィリピンに計91億米ドルの融資を実施する見通しだ。このうち半分以上は鉄道、橋、道路の建設など輸送関連事業に振り向けることになるという。 ADBのフィリピン・カントリー・ダイレクターのケリー・バード氏は、ADBが2020年から2022年にかけ少なくとも年間25億米ドルをフィリピンに拠出するとしている。 ADBは2018年にはフィリピンに約14億米ドルを融資した。このうち多くが公的部門、金融部門の支援、教育といった分野に融資されている。 (The Manila Times 2019年10月19日)
post in フィリピンの金融ニュース

アレボ・ランド、ラグナ州で大規模不動産開発プロジェクト実施

アレボ・ランドはこのほど、ラグナ州で国内で最大規模の不動産開発プロジェクト「ブロードフィールド」を実施する見通しだ。 同社はラグナ州の120ヘクタールの用地を複合開発する見通し。80ヘクタールを商業施設や複合施設にし、残り40ヘクタールを住宅地として開発する意向だ。 ブロードフィールドはまた、カビテ―ラグナ高速道路とカビテ―タガイタイ―バタンガス高速道路などに近く交通アクセスが良いという。マカティ市とボニファシオ・グローバル・シティからは車で約1時間の距離に立地する。 (The Manila Times 2019年10月22日)
post in フィリピンの経済/企業ニュース

ケソン州で出力500MWの石炭火力発電所が稼働

マニラ・エレクトリック(メラルコ)と、タイのエレクトリシティー・ジェネレーション・パブリックの完全子会社ニュー・グロースの合弁会社San Buenaventura Power (SBPL)はこのほど、ケソン市で、出力500メガワット(MW)の石炭火力発電所を完成させたと明らかにした。 SBPLは今後、期間20年の電力供給協定(PSA)に基づき、メラルコに対し、電力を供給することになる。 石炭火力発電所は9月26日に商業運転を開始し、すでにルソン地方に電力を供給している。 (The Manila Times 2019年10月16日)
post in フィリピンの経済/企業ニュース

マニラ首都圏のオフィス空室率、第3四半期は5%に縮小

不動産コンサルティング会社プロノブタイ・アンド・アソシエーツ・フィリピンは16日、マニラ首都圏のオフィス空室率は第3四半期(7~9月)に5%となり、第2四半期(4~6月)の6%からやや低下したと明らかにした。依然としてオフィス需要が大きいという。 第3四半期にマニラ首都圏の中でベイエリアのオフィス空室率が最も低いのはベイエリアで、0.4%にとどまった。最も空室率が高いのはケソン市となっている。 このほか、マンダルヨン市の空室率は9%、マカティ市は2%、タギッグ市とムンティンルパ市はそれぞれ6%だ。 (The Manila Times 2019年10月17日)
post in フィリピンの経済/企業ニュース